寿さん家の黒い人

2007/10/4生まれの寿の紫音号こと <しおん> さんと、2012/9/3生まれのすず丸の朱音号こと<あかね> さん。                                         紫音と朱音の日常の1コマを垣間見れる、そんなブログです。

白内障

紫音さんの家庭事情 #55

木曜日の朝、朝ごはん抜きの紫音さんを病院へ。

PA136224

先生から流れを聞きます。

木曜日の午後オペ開始。

うまくいけば夕方には麻酔も覚めて、後は先生がつきっきりで様子を見るらしいです。

3日間病院で過ごした後、

無事が確認されたら、4日目の日曜日に退院との事でした。

実際の紫音さんは…。

オペが終わった後、夕方に先生からTEL。

無事に終わったけど、分離不安からかずっと鳴いてます。

興奮状態は眼圧も上がり、良くないので、

今日は鎮静剤で眠ってもらいます。

このまま、鳴き続けると目への影響が出てくるし、

体の事を考えると、薬を使って眠らせ続けるのもどうかと思う。

との事でした。

金曜日のお昼に、先生からTEL。

起きると鳴き続けて、熱も上がってきました。

これ以上鎮静剤は使いたくないので、

目は気になるところですが、退院して家でいる方が落ち着いてるかも。

との事でした。

今日の夕方迎えに行きます…。

紫音さんはまさかの強制退院。

1泊2日の入院でした。

帰ってきた紫音さんの目は、宇宙人の様です。

3日間の入院が必要な理由はこれもあるかと。

見た目が引くくらい腫れてます。

しかも、剃毛してるので、パンダです。

PA146237

横から見ると、腫れてるのが分かります。

PA146238

目の外側を少し切開してオペするそうです。

これ見ると、して良かったのかと考えてしまいました。

この日から1日4回の4種類の目薬が必要になります。

しかも、5分以上間隔を置いて。

アトロピン

ファルキサシン

ステロップ

ヒアルロン酸

の順番です。

それ以外に、ステロイドと、抗生剤、胃薬の飲み薬も2週間分出ました。

目薬が入る瞬間に避ける紫音さんとの戦いです。

見えてる証拠やけどね。

目ヤニは出るけど、病院できれいにするのでほっといてくださいと言われました。

5日後の紫音さん。

2016-10-17-06-41-492016-10-18-21-31-19

きらきらしてるのは目薬入れたからです。

12日後の紫音さん。

2016-10-28-06-56-322016-10-28-06-56-39

もともとアレルギー体質なので、毛が生えてくるのが遅いそうです。

2週間散歩は禁止で安静が必要です。

徐々に回復していく紫音さんでした。

回復途中の紫音さんにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ




紫音さんの家庭事情 #54

紫音さんの目の話の続きです。

まずはオペのメリットから。

こちらはもう視力回復ですね。

人工の眼内レンズを入れるので、白内障の心配はありません。

白内障の合併症のブドウ膜炎も気にしなくて良しです。

もう一つの恐ろしい合併症の緑内障もかなりリスクが減ります。

次はデメリット。

一番はお金がかかります。

目の周りの毛を剃るのでパンダになります。

全身麻酔をかけてのオペになるのでリスクもあります。

オペをしても、

10%~16%の確率で緑内障、

6%の確率で網膜剥離

になる可能性があるらしいです。

網膜剥離になってしまったら、東京にある動物病院1件を除いて、

治療できる先生はいないそうです。

こんなにデメリットあるのにと思うかもしれませんが、

そのまま放置すると、50%の確率で合併症になることと、

そのリスクが20%くらいまで抑えられることを考えて、

紫音さんの視力回復を願ってオペを選択しました。

幸い紫音さんは症状が出てから通院までが早かったので、

オペも問題なく出来そうとの事でした。

ちなみに最悪の網膜剥離は、この病院では過去2年間で2件起こったそうです。

6%と書いてるけど、もっともっと確率は低いようです。

こればっかりは、運もあるので何とも言えません。

オペに出かける日の紫音さんと、

ダラッとしてる朱音さん。

PA136223PA136228PA136227

いざオペ頑張ってきます!!

頑張る紫音さんへポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ




紫音さんの家庭事情 #53

9月の3週目くらいから、突然進行した紫音さんの、右目の白内障。

痒みも酷いらしく、いつもの病院でブドウ膜炎を併発してると言われました。

まだまだ元気な紫音さんの為に、眼科のある病院を紹介してもらうことにしました。

紹介されたのは、松原動物病院

症状から早い方がいいとの事で、次の土曜日に予約をねじ込んでもらえました。

詳細に検査してもらった結果、紫音さんの病名は、

「右眼老齢性成熟白内障」

という事でした。

急激に白内障が進んだため、眼圧が上がって、ブドウ膜炎を併発したらしいです。

こちらは

「水晶体誘発性ブドウ膜炎」

です。

人間なら軽いオペで終わりなんですが、

犬なのでオペは軽くないです。

全身麻酔でする事になり、リスクもあります。

いろいろ話を聞いて、紫音さんの日頃の元気さも含めて、

紫音さんには白内障の手術を受けてもらうことにしました。

目が白くなってから、夜の散歩を怖がってた紫音さん。

人が多い所では怯えて歩くことも出来なくなってしまった紫音さん。

犬は嗅覚に頼って生きてると言いますが、

今まで見えてたんやという事がよく分かりました。

放置した場合と、手術をした場合のメリット、デメリットも詳しく聞くことにしました。

手術前の最後のお出かけの写真を載せて、続きは次回。

PA090172

笑顔の2匹にポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ

プロフィール




 Information about        - Shion & Akane -
壽の紫音号

2007年10月4日
兵庫県小野市に生まれる。
兄弟は他に雄1頭

すず丸の朱音号

2012年9月3日
大阪府大阪市に生まれる。
大きく生まれた一人っ子


ランダム紫音さん
  • 平日の紫音さん #144
  • 週末の紫音さん #80
  • 週末の紫音さん #80
  • 週末の紫音さん #80
  • 週末の紫音さん #79
  • 週末の紫音さん #76
  • 週末の紫音さん #75
  • 週末の紫音さん #74
  • 週末の紫音さん #74
  • 平日の紫音さん #143
 

    記事検索
    姉妹ブログ(お休み中)
    sion2
    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ